レース展望

一般男女W優勝戦e‐radioLakesideCUP

2018/10/23~2018/10/28

濱野谷憲吾&遠藤エミがV候補筆頭

  • 3590濱野谷憲吾(東京)
  • 3499市川哲也(広島)
  • 4502遠藤エミ(滋賀)
  • 3900香川素子(滋賀)

男女それぞれがVを争う男女W優勝戦。男子のV候補筆頭は濱野谷憲吾だ。近況はSGでの活躍こそ見られないものの、6月のまるがめ周年記念では自身20回目となるG1制覇(SGはV4)。〝東都のエース〟がG2V歴もあるびわこで華麗なターンを連発する。同じくSG4冠の市川哲也は当地周年タイトルV2の実績。陰りのないS力を発揮してV奪取を狙ってくる。市橋卓士、西村拓也、地元・深井利寿らもV候補の一角。びわこ巧者として知られる西山昇一も存在感を見せつけるか。一方の女子はもちろん地元・遠藤エミが中心。〝最強女子〟が貫禄の走りでV戦線を引っ張っていく構図になりそうだ。香川素子、水口由紀の地元勢や守屋美穂、堀之内紀代子ら岡山コンビがどこまで迫れるか。

Pick UP!A1勝負の可能性も!当地3連続優出へ

4678水野望美(愛知)

※水野望美選手は、事前欠場となりました。ご了承ください。
水野の今期勝率(5~10月)は9月を終えた時点で6.17。今シリーズが今期ラストとなるが、その前に参戦する住之江、津(ともに女子戦)での成績次第では初のA1級昇格へ目イチの勝負駆けになる可能性もある状況だ。このびわこでは3月のG2レディースAS(4着)、GWに開催されたAレディース(3着)と2節連続で優出中。好相性を誇る湖面を舞台に、まずは3節連続となるファイナル進出を狙ってくる。

※2018/10/02 現在の情報

全国過去3節成績

開催期間競走タイトルボートレース場節間成績
過去3節成績はありません

※2018/10/22 現在のデータ

ページトップへ